DIARY

  • 投稿一覧

  • カテゴリー

  • キッチン

    こんばんは。ゆうかです。

     

     

     

     

     

    復活企画から10日、色々ごたごたしています。

     

    やらないといけないことが沢山あるというのは、とても良いことですね。

     

    追われて 追って 追いついて 追いつかれて 追われて 追われて…

     

    そんな毎日です。

     

     

     

     

     

    復活企画に足を運んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。

     

    あれが私たちの今の精一杯で、はじまりで、通過点の一つです。

     

    まだまだこれから10にも100にもなってゆきます。

     

    どうか温かい目で、時には厳しい目で見守っていただけたら幸いです。

     

     

     

     

     

    上京してから、最近特にですが、ライブハウスへよく行くようになりました。

     

    いろんなミュージシャンの音楽に触れて、いろんな方と出会って

     

    それがとても幸せです。

     

     

     

     

    不思議なものですね。

     

    丁度一年前は、ライブハウスに行くのが本当に嫌で

     

    誰かのライブなんて全く見たくなくて

     

    音楽なんて聴きたくなくて

     

    弾き語りなんてやりたくなくて

     

     

     

     

     

    バンドだらけのイベントにO.A.として出ていた時期は本当に死ぬほど辛かった。

     

    悔しくて悔しくて悔しくて、それでも歌って、笑って

     

     

     

     

    あほみたいな毎日を送っていた。

     

    ちょうど音楽以外の環境がとても充実してきていて、幸いなことに職場環境にもとても恵まれていて、生活の基盤がしっかりとできそうな時だったので、ほんまにこのままやめてしまおうかと思ってた。

     

     

     

     

     

     

    けれど、今はほんまに続けていてよかったと思う。

     

    角村さん、しんくん、純ちゃんに出会えた。

     

    最高のメンバーとバンドができている。

     

    これ以上のことはないのです。

     

     

     

     

     

    もし、過去に戻れるなら

     

    「絶対やめんなよ」

     

    って自分にいうてやる。

     

    大丈夫やから って

     

     

     

    そんなことばっかりやな、 生きていくことって

     

    なんでも続けたもん勝ちやし、 生きてりゃなんとかなる

     

     

     

     

     

     

     

    けれど、あの糞みたいな目をして生活していた自分がおってくれたお陰で

     

    大切なものを きちんと大切に思える心と 大切にできる環境にいます

     

    頑張って つないでくれてありがとうと言いたいです。

     

     

     

     

     

     

    あほみたいにくだらん毎日の中でも

     

    素敵な歌は生まれるもんで

     

    「キッチン」 はちょうどその時期にできた曲です。

     

    先日の復活ライブで歌ったあたらしい曲。

     

     

     

     

     

    あの時期に「キッチン」を作れたことで

     

    こんな生活の中でもまだこんな曲が作れるんやという自信になりました。

     

    ここまで繋いでくれたのもあの曲のおかげです。ありがとう

     

     

     

     

    おかしなことに、自分の曲に支えられるということがたまにあります。

     

    声が出なくなって、歌が歌えなくなった時は「神様のコラール」に本当に助けられました。

     

     

     

     

    「神様のコラール」は 憧れる歌です。

     

    あぁ、私もあんな綺麗な声で歌えたらええなと憧れる歌。

     

    そして、こんな汚い声でも 汚い声だからこそ歌える歌がきっとあるはずだ。

     

    私だけに歌える歌がきっとあるはずだ。

     

    という祈りの歌です。

     

    明け方布団の中で、スズメの鳴き声を聞きながら作りました。

     

     

     

     

     

     

    私は自分の声が本当に大嫌いで、大嫌いだからこそ歌っています。

     

    自分にしか歌えない歌を探して

     

     

     

     

     

    大嫌いな声でもいざ出ないとなると本当に苦しくて、

     

    あまりにも歌詞とリンクしていたものだから、情けないことにライブで泣きながら神様のコラールを歌った日もあったなぁ。 カスカスの声でさ

     

     

     

     

    けれど、あの経験があったから「神様のコラール」はきちんと私の歌になった。

     

    本当の意味で歌えるようになった。 本当に本当に大切な曲になった。

     

     

     

     

    「キッチン」もそうなのです。

     

    この曲を歌っていると、あの糞みたいな目をして生活していた時期を思い出す。

     

    そしてその時期を支えてくれた人

     

    「何が食べたい?」って聞かれたら私は絶対「カレー」って言うし、けれどそんな私の隣でいつも黙ってカレーを食べてくれた人

     

    お金はないし、たいしたものは食べられないけれどいつも「おいしいね」って笑ってくれた人

     

    スパイスのにおい 流れる音楽 ぬるいファンヒーター キンとする冬の夜

     

    全部 全部思い出して 胸がぎゅーっとなる

     

     

     

     

    本当にくだらないけれどとても大切な季節を

    一緒に乗り越えた歌

     

    私が私として歌える歌です。

     

     

     

     

     

    本当にいい歌なのでたくさんの人に届いてほしいです。

     

    「いい歌」という言い方はあまり好きではありません。抽象的だし、とても軽いので。

     

     

     

    「いい」って何がいいの? どこがいいの?

    じゃあ他の曲は「わるい」の?

     

     

    ってなる。

     

     

    けれど、キッチンは本当に「いい歌」なのです。

     

    ふふ 矛盾ですね。

     

     

     

     

    ソラミズツキヒ次のライブは

     

    1月18日(水) 下北沢ERA

     

    です。

     

    よければ聴きに来てください*

     

     

     

     

     

    長くなってしまいましたね。

     

    今回はおもしろいことのひとつも言えずにごめんなさい。

     

     

     

    あ、そうだ。最近宮下君のテーマソングをよく歌っています。

     

    「宮下君はあほだ!宮下君はばかだ!イエイ!」

     

    という歌詞です。

     

    宮下君がひどく喜ぶので仕方なく歌ってやっています。

     

    いつかライブで披露しますね。乞うご期待!

     

     

     

    それでは、おやすみなさい 😛 

     

     

    ゆうか