DIARY

  • 投稿一覧

  • カテゴリー

  • ここにタイトルを入力。

     

     

    おはようございます。

    連日書き掛け→寝落ちでいつの間にか火曜日になってました。ごめんなさい。
    ベースとして加入した浅野です。よろしくどうぞ。

     

    それぞれがメンバーの印象など書いてたので僕も少し。

     

    みやしー
    人見知り。真面目。職人肌。お腹弱い。あとちょっと暗い。笑
    彼は最初会った時になんか自分と似てるなってとこがあったので人間的にかなり好きです。お互い人見知りあるからまだ少し距離がある気がするけどね。 口数は多い方ではないけどしっかり考えて意見を持ってる子。もっと自分に自信を持っていいと思う。

     

    ゆうちゃん
    天然。気分屋。和ませ役。意外と妥協はしない。天然。もっかい天然。
    掴みにくい所は多いけど表裏がないから一番接し易いのがゆうちゃん。多分嘘をつくのが下手で、反応もダイレクトに返ってくる所が好き。ふわふわしてるけど空気を読んで当たり障りのない返事する、みたいな事がない所は尊敬してます。ずば抜けて素直なのがこの子の一番の武器。

     

    つのくん
    優しい。仲介役。バランス感覚ある。背が高い。いい人。
    話し易くて人当たりが良くて包容力があるのがつのくん。同い年なのもあって気兼ねしなくていいのがとても嬉しい。つのくんも自分に似てる所があって、優しい人はある程度まですぐ仲良くなれるけどそこから先に時間がかかる事がある。彼とはもっとたくさん話してもっと仲良くなりたいです。

     

     

    僕個人は話し易いとは言われるけど割と猫被りなのでがんがん話し掛けてくれると喜びます。人と仲良くなるのって難しいよね。

     

     

    しっかり加入が決まってまだ2ヶ月くらいしか経ってなくて、みやしーも書いてたけど僕もまだバンドとして動き出した実感が薄いです。この4人で立つステージはどんな景色になるかな。最後にライブをしたのが3月だからあの緊張感もなかなか思い出せない。

     

    男女が二人で歌うバンドも、鍵盤が入ってるバンドも初めてだからスタジオがとても新鮮。刺激になる事もとても多い。まだソラミズらしさと言うかこのバンドの軸みたいなのは勉強中です。

     

    とりあえずは12月の企画をお楽しみに。
    下北沢のGARAGEは僕も思い入れがある場所で、そこで新しいスタートを切れるのはとても嬉しいです。お待ちしてますね。

     

     

    話は変わるけどこの間聲の形を見てきた。

     

    見たいなと思ってたけど一人で行くのはきつそうと思ってた所にタイミングよく友達から誘いがあったので。

     

    ボロ泣きでした。

     

    映画の舞台が岐阜県の大垣市でモロ地元なんやけど行った事ある場所ばっかり出てくる。こっちに出てきてからあまり帰省もしてないし、懐かしさとか主人公の不甲斐なさとか人との関係作りの下手さとか見てて複雑な気分になってしまった。

     

    地元贔屓がかなり入ってるけどそれを抜きにしてもいい作品だったのでお勧めです。

     

     

     

     

    僕のせいで更新スパンが短いですが明後日の木曜には宮下承太郎の奇妙な日記が更新されるので乞う御期待。

     

    新宿に着いたのでこの辺りで。

     

    浅野